「やぶれかぶれのブルース」ポスター

名古屋大須が生んだハレンチ・ムード・ロックグループ、ザ・シロップのテーマ曲とも言える「やぶれかぶれのブルース」(1stアルバム「ザ・シロップの世界」に収録)が、なんと映画になった?!そんな想定のもとに架空のサウンドトラック盤が完成!

演奏はもちろんザ・シロップ。
全編におけるプロデュースを松石ゲルが手がける。

「のら猫ロック」シリーズ、山下穀雄、日本ATG等、昭和40年代的キーワードが即座に頭に浮かぶようなムーディー・チューンが全25曲!
「やぶれかぶれのブルース」の様々なバリエーションをはじめ、お馴染みのシロップ・ソングの数々をインストゥルメンタル化。ザ・シロップ自身によるリミックス・アルバムとも言える内容。

さらに昨今話題の和モノプログレバンド"フレア・オッズ"、女性ツインVoが魅力的な"リズム・クラウド"などが挿入歌として音源を提供。作品の中で歌としての聴き所も満載!

映画ストーリーの解説や、公開当時(?)のポスター、フィルムからのスチール写真等、あたかも映画が存在したかのような仕掛けが盛りだくさんの凝りに凝ったジャケットワークも見逃せない。

未だ続く"昭和歌謡"ブームを尻目に走るザ・シロップが投げかけた、昭和アングラ・カルチャーへの偏った「愛のカタチ」を見よ!